« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月 アーカイブ

MTをインストールするサーバーの選び方

MovableTypeを利用する際、一番最初に悩むのがサーバーの選び方でしょう。
サーバーは細かいスペックが各社違い、一概にここがいいとは言いにくいのです。
自分にとって使い易い会社が一番なのですが、どういうところが使いやすいのかが最初は解りにくいかもしれません。また、メニュー画面の使いやすさや、実際の操作スピードなどは使ってみないと解らないので、是非お試し期間を利用して、使ってみることをおすすめします。

スペック的には、表示のスピード・安定感にこだわったり、容量、CGIやPHPのバージョン、MySQLなどのデータベース、メールのアカウント数、独自ドメイン・サブドメインの利用可能数、電話サポートの有無、ショッピングカートやSSL、転送量など人それぞれ必要な条件が異なります。
ただ、これらの細かいスペックははじめての場合はあまり考えなくてもいいと思います。容量的には大きな写真・イラストやポッドキャスト等を相当使わない限りは200MBでかなりのことが出来ますので、足りなくなってから移転をしたほうがコストが節約できていいでしょう。
(参考) → MovableTypeの動作条件

私のイチオシ
サーバーやMTのスキルレベル毎にそれぞれおすすめサーバーをまとめてみました。
初心者向けサーバー(サーバーもMTもはじめての方)
ステップアップ・中小企業紹介向けサーバー(安い早い機能UP)
上級者・企業サイト・ECサイト構築向けサーバー(圧倒的な快適環境)

続きを読む "MTをインストールするサーバーの選び方" »

ロリポップにMT4をインストール 1 (ロリポップの契約)

はじめてのサーバーとして絶大な人気があるロリポップは、評判通りに使いやすく、用語やインストールの解説もかなり丁寧に記載してあり、私も初心者にお勧するサーバーのひとつです
万が一使いにくいと感じたり、画面のデザインが気に入らない場合(笑 結構いるんです)でも、お試し期間が10日間あるので、まずはご自身でMTをインストールして使ってみて判断する事をおすすめします。

なお、ここではデータベースにSQLiteを利用します。
ロリポップではMySQLの場合再構築等の際の待ち時間がSQLite利用の場合より長くなる傾向にありますので、SQLiteを推奨します。(ロリポップのマニュアルにもSQLiteで説明されています)

ロリポップへMTをインストールする流れ(サブドメインプランの場合)

続きを読む "ロリポップにMT4をインストール 1 (ロリポップの契約)" »

ロリポップ 2 (ロリポップの設定)

ロリポップの申し込みが完了すると、すぐにサーバーを使える状態になります。(10日間の使用期間)
早速ムーバブルタイプを設定してみましょう。
現在はコントロールパネルから【MovableType簡単インストール】を選択できるので、非常に簡単にセットアップできます。

以下はマニュアルでインストールする場合の手順ですが、参考のため残しておきます。

3.MTのダウンロード

最初にMovable Type (ムーバブル・タイプ) をシックスアパート社のサイトからダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→MTのダウンロード


4.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

続きを読む "ロリポップ 2 (ロリポップの設定)" »

FFFTPのインストール

自分のPCとサーバー間のデータのやりとりをするソフトをFTPソフトと呼びます。
当サイトでは、一般的に利用者が多く、便利なFFFTPというフリーウェア(無料で配布されているソフト)を利用して説明していきますので、FTPソフトを使ったことがない方は、下記にてFFFTPをダウンロード・インストールしてください。

ダウンロード
下記URLをクリックし、FFFTP開発者曽田氏のページに行きます。
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html

続きを読む "FFFTPのインストール" »

MTのダウンロード

Movable Type (ムーバブル・タイプ)SixApart社のサイトからダウンロードできます。

商用・企業サイトの場合は「オンライン購入」をクリックし、まずはMovable Type 4 基本ライセンスを購入下さい。
個人で非商用利用の場合は無料となりますので、「個人ライセンス(無償)」をクリックします。(以下個人ライセンスの画面で説明致します)


続きを読む "MTのダウンロード" »

ロリポップでサブドメインプランのMTを独自ドメインに変更

既にロリポップでMovableTypeを運用している方が、独自ドメインに変更する設定方法です。

はじめに独自ドメインを取得しましょう。
ロリポップで運用するのであれば、ムームードメインがロリポップと同じ会社が運営しているので、設定など若干解りやすいのですが、将来サーバー移転する可能性も考えれば、価格が安いリンククラブや、詳細なDNS設定を出来るバリュードメインで取得しても問題ありません。

各社の取得可能なトップレベルドメインの種類と、価格表はこちらをご参照下さい。
ドメイン価格比較表

こちらではリンククラブでドメインを取得する場合の設定方法を説明します。
はじめに独自ドメインの取得を参考にドメインを取得してください。

続きを読む "ロリポップでサブドメインプランのMTを独自ドメインに変更" »

リンククラブでドメインを取得

リンククラブ は最も安いドメイン管理会社の1つで、私も愛用しています。

もちろんMT向けサーバーでおすすめしたどのサーバーでもドメインを利用できます。

リンククラブの手続方法
1.ドメイン取得可能か検索
リンククラブにアクセスし、右側下方のLDP「ドメイン・パーキング」をクリックします。



続きを読む "リンククラブでドメインを取得" »

MTカスタマイズに必要なブラウザ

いよいよインストールも終わり、MovableTypeによるサイト構築・ブログ運営をはじめられるわけですが、ここで、是非ブラウザについて検討してください。

ブラウザとはインターネットでWebページを閲覧するためのアプリケーションソフトのことで、Windowsマシンを購入するとInternetExplorer(以下IEと略します)が標準で付いてくるので、そのままIEを利用する方が多いと思います。
WindowsVISTAでは、標準でIE7が、XPではIE6が標準となっておりますが、世の中では他にも優れたブラウザが沢山あります。例えば、MACやLINUXでも使えるFirefoxの他、SafariOperaCaminoをはじめ他にも沢山のおすすめできるブラウザがあります。

何故こんな話題が必要なのかというと、 ブラウザが持つバグ(悪い癖だと思ってください)に対応するためと、ブログ開発に便利なツールが使えるための2つの理由があります。

続きを読む "MTカスタマイズに必要なブラウザ" »

MTインストールの流れ

はじめてMovableTypeを使う方は、まずインストールの流れをつかんでください。

※の項目の詳細はサーバー毎のインストール解説をご覧下さい。

サーバーに慣れていれば、全体で1時間ほどで出来てしまいますが、はじめての方は、一つ一つ確認していきながら、余裕を持って進めましょう。
一度にまとめて出来ない場合は、どこまで出来たかチェックしながら進めるといいと思います。
また、途中、いくつかのIDや、パスワードが出てきますので、メモ用紙をご用意いただき、忘れないように必ずメモを取りながら進めてください。

それでは、はじめに、MTや、サイト自体を置くサーバーを選ぶことからはじめましょう。
MTをインストールするサーバーの選び方

MTカスタマイズに便利なhtmlエディタ

MTカスタマイズの際に、ブラウザの次に必ず揃えたいソフトが、htmlエディタです。
私は記事を作成するとき、MTの新規作成画面の入力ボックス(エディタ)を使わず、htmlエディタを利用します。
それは、検索・置換や、行番号の表示、htmlタグやコメントに色づけされたり、記事のバックアップにもなり、非常に便利だからです。
カスタマイズの際には、テンプレートのCSSとhtmlの両方を同時に編集・プレビューなどができ、これもhtmlエディタを利用した方が、圧倒的に効率的です。
私は大きなデザイン変更はDreamweaver、簡易な変更や記事編集は秀丸エディタ(シェアウェア)で作業していますが、無料のものでもHTML Project2(私のオススメ)、ez-html、TTT Editor、alphaEDIT+などオススメできる優れたエディタが沢山出ています。Dreamweaverはサイトデザイナーなどプロも使うとても優れたソフトですが、ちょっと高価なので、あれば理想ですが、無理に購入することもありません。
スキルが上がって、更にいろんなものを便利に使っていきたいのであれば、購入をご検討ください。
是非一度これらのエディタを使ってみてください。
慣れると手放せなくなりますよ。

HTML Project2

エックスサーバーにMT4をインストール(1.契約)

エックスサーバーは、3GBの容量・マルチドメイン無制限・サブドメイン無制限・メールアカウント無制限、そしてなんと言っても128GBのバックボーンで非常に扱いやすく、高機能な安定したサーバーで、月に1,000円程度の予算を組める方や、中小企業・ECサイト構築には非常におすすめできるサーバーです。エックスの信頼性・安定性があれば、高額な業務用サーバーを契約する必要性はあまり無いと思われます。
もちろん、ヘルプと、解りやすいメニューがあるので、サーバーになれていない方にも安心のすばらしいサーバーです。

注意点として、普通にMTを運用するだけならとても快適なのですが、サーバーへの過負荷がかかるプログラムを設置するには注意が必要です。これらを排除しているから、快適な環境を維持しているのでしょうが、高度なものを使いたい方は、さくらプレミアム等を検討するか、慎重にテストをした上でエックスサーバーに設置ください。
私が関係しているサイトでは、MTより負荷がかかると言われているXOOPSを使い、200人ほどでスケジュール管理・各個人のブログ・Flashをかなり使ったサイトを運営し、PVもかなりありますが、上記の問題は発生していませんので、個人のMovableType程度なら、負荷のかかるCGIを使ったり、ものすごい人気サイトにならない限りは大丈夫でしょう。

XSERVERにMTをインストールする手順
おそらくエックスサーバーを選ぶ方の多くは、他のサーバーから移転してくる「経験者」が多いと思いますが、エックスサーバーはヘルプが初心者向けではないので、設定全体のステップを把握してください。

続きを読む "エックスサーバーにMT4をインストール(1.契約)" »

ハッスルサーバーにMT4をインストール 1 (契約)

ハッスルサーバーは、ロリポップさくらインターネットXREA+ほどメジャーではありませんが、オススメサーバー一覧表を見ても解るとおり、価格が安く、機能が高いとてもお買い得なサーバーです。
特に操作感・表示の早さ・32個までのマルチドメイン(1サーバーで複数のドメイン・サブドメインが利用可能)で、非常に使い勝手がいいサーバーです。
また、ロリポップや、XREA+ユーザーはサイト表示が遅かったり、再構築に時間がかかったり、MySQLエラーにストレスを感じている方が多いと思いますので、乗り換え候補としてもオススメできます。
ハッスルは明らかにそれらのサーバーより快適環境になります。(容量は500Mですので、それ以上欲しい方はエックスサーバーをご検討ください)
太いバックボーンでサクサク動くさくらインターネットもオススメしたいところなのですが、さくらライトはMySQLが使えず(SQLiteでMTは利用可)、さくらスタンダードは月額約417円と多少高くなり、ハッスルサーバーはその中間を埋める価格・スペックなのです。そして、ハッスルのバックボーンはさくらインターネットを利用しており、大変太い信頼のおけるものとなっているのです。
(参考)
IPドメインSEARCHで「202.181.98.166」を検索してみてください。

ロリポップと比較するとヘルプやマニュアルなど説明が足りない部分が多いかと思いますが、これは慣れれば問題ない事ですし、快適さを考えれば、私はハッスルを選びます。
当サイトもXREA+からハッスルへ引っ越ししてきました

ハッスルサーバーへMTをインストールする流れ(SQLite編)

なお、データベースをMySQLでインストールしたい場合はこちらの記事をご参照ください。
ハッスルサーバーにMySQLでインストール

続きを読む "ハッスルサーバーにMT4をインストール 1 (契約)" »

ハッスルサーバー 2(サーバーの設定)

ハッスルサーバーの申し込みが完了すると、すぐにサーバーを使える状態になります。(10日間の使用期間の開始)
早速ムーバブルタイプを設定してみましょう。
現在はコントロールパネルからMovableType自動インストールを選択できるので、非常に簡単にセットアップできます。

以下はマニュアルでインストールする場合の手順ですが、参考のため残しておきます。

3.MTのダウンロード

最初にMovable Type (ムーバブル・タイプ) をシックスアパート社のサイトからダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→MTのダウンロード


4.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

FTPソフトの設定が出来たら、ハッスルサーバーへの接続設定を行います。

続きを読む "ハッスルサーバー 2(サーバーの設定)" »

ロリポップから移転する場合のサーバーの選び方

ロリポップはヘルプがすばらしく、ユーザーも多いので、初心者には非常に安心出来るサーバーです。
ただ、欠点がないわけではありません。
ロリポップからサーバー移転(引っ越し)をした方は、「容量が足りない」、「再構築が重い」、「MySQLエラーが出る」、「マルチドメイン(1サーバーで複数のドメイン)を利用したい」、「CRONを使いたい」などの理由のケースが多いようです。
サーバーが重く感じる原因は、バックボーンの太さ、共有サーバーで共有人数が多すぎたり、過負荷な状態が続く場合(アクセスが多かったり、負荷の大きい使い方をするユーザーがいるなど)に多く起こります。
当然、いいサーバーは共有人数を制限し、何人以下にしていますと謳ったり、バックボーンはこれだけの太さありますと公表していますが、ロリポップの場合は非公表です。また、ロリポップでMySQLを使ったMT運営は、負荷に弱いようで、再構築等の待ち時間を考えるとSQLITEのほうがいいようです。
いたれりつくせりの解りやすいロリポップなのですが、MTで記事数が増えてくるとこの辺りが気になってくるのです。

続きを読む "ロリポップから移転する場合のサーバーの選び方" »

XREA+からハッスルサーバーへ引っ越し

XREA+からハッスルサーバーに移転しました。

XREA ハッスルサーバー


当ブログは当初XREA+で運用していましたが、Bフレッツ環境でサイト表示に数秒かかったり、再構築に時間がかかる時が結構あり、ストレスを感じていたので、XREA+の上位プランである、CORESERVER(コアサーバー)への移転を検討してきました。
私の場合、複数のドメイン・サブドメインを使ってサイトを運営いて、XREA+の上限である20個に近づいてきたことも検討理由の1つです。

続きを読む "XREA+からハッスルサーバーへ引っ越し" »

エックスサーバー 2 (エックスサーバーの設定)

エックスサーバーの申し込みが完了していない場合は、エックスサーバーにMTをインストールをご参照頂き、Xサーバーを申し込んでください。

4.MovableTypeをアップロード
FTPソフトの設定が出来たら、Xサーバーへの接続設定を行います。
(1)FFFTPの起動
デスクトップのFFFTPのアイコンをダブルクリックするか、「スタート」-「FFFTP」-「FFFTP」をクリックすると起動します。

続きを読む "エックスサーバー 2 (エックスサーバーの設定)" »

ハッスルサーバーにMySQLでインストール

私はSQLiteを利用していますが、慣れているからなどMySQLでハッスルサーバーにインストールしたい場合もあると思います。その場合のインストール方法は下記の通りです。

ハッスルサーバーへMTをインストールする流れ(MySQL編)
1.ハッスルサーバーの申し込み(プラン選択・メール確認)
2.パスワード発行・お試し期間開始
3.MovableTypeをダウンロード
4.FFFTPのインストール
5.MTをハッスルサーバーにアップロード
6.ハッスルサーバーのデータベース設定
7.フォルダ名・属性の設定
8.MT初期設定
9.独自ドメイン設定

なお、はじめてMovableTypeを利用する方、データベースをSQLiteでインストールしたい場合はこちらの記事をご参照ください。
ハッスルサーバーにSQLiteでインストール

続きを読む "ハッスルサーバーにMySQLでインストール" »

ハッスルサーバーで独自ドメインを使う設定方法

ハッスルサーバーはマルチドメイン対応のサーバーです。
独自ドメインによってMTを運営するのはメリットが多いので、ハッスルサーバーへのインストールが完了したら、出来れば(私に言わせると必ずですが)独自ドメインの取得・設定をしましょう。
独自ドメインのメリット

はじめに独自ドメインを取得します。
取得会社でオススメは価格が安いリンククラブか、詳細なDNS設定を出来るバリュードメインです

各社の取得可能なトップレベルドメインの種類と、価格表はこちらをご参照下さい。
ドメイン価格比較表

こちらではリンククラブでドメインを取得する場合の設定方法を説明します。

1.独自ドメインの取得
はじめに独自ドメインの取得を参考にドメインを取得してください。

続きを読む "ハッスルサーバーで独自ドメインを使う設定方法" »

XREA+にMT4をインストール1(XREA申込)

xrea 格安で高機能なXREA+(プラス)は私自身も契約して利用しています。
サーバースペック一覧表を見ておわかりの通り、コストパフォーマンスは非常に高いサーバーで、いろんな事が出来るので上級者は是非検討ください。
ただ、メニューやヘルプはかなり簡素で、初心者にはわかりにくいものとなっている上、「当サイトをフル活用するためにCGI、データベース操作等などを勉強されてから利用することをおすすめします。」とか、「基本的に自分で調べて設定する」という姿勢ですので、知識が多少あり、調べる努力を惜しまない(楽しめる)ユーザにオススメします。
また、これだけ機能が高いのですが、無料サーバー(広告付き)と共通のサーバーとなっており、共有しているユーザの質も問題となります。共有しているユーザにスパム利用者がいると、最悪の場合、Google・Yahooなどの検索エンジンから登録を消される恐れまであります。
1サーバーの共有者数もかなり多く、過負荷(サーバーが忙しい状態と思ってください)などによる速度低下も実感します。
これらの欠点も理解した上で、お申し込みした方がいいでしょう。

それでも、ユーザー数も多く私も契約しているくらいですから、魅力的な会社であることは間違いありません。

なお、ここではデータベースにSQLiteを利用します。


XREA+へMTをインストールする流れ


続きを読む "XREA+にMT4をインストール1(XREA申込)" »

XREA+2 (XREA設定)

XREA+の申し込みが完了していない場合は、XREA+にMTをインストール1(XREA申込)をご参照頂き、XREA+を申し込んでください。

4.MTのダウンロード

次にMovable Type (ムーバブル・タイプ) をシックスアパート社のサイトからダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→MTのダウンロード


5.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

続きを読む "XREA+2 (XREA設定)" »

私がXREA+を解約出来ない理由

当サイトはXREA+からハッスルサーバーに引っ越しをし、XREA+の更新期限にXREA+をどうするか検討中なのですが、現状では2つの選択肢しか思い浮かびません。
1つはXREA+を更新で、もう一つはXREA+の上位プランであるCORESERVER(コアサーバー)へ移転する方法で、いずれにしてもXREA+を運営するデジロック社から離れられないのです。
<2008.03.22> 現在はコアサーバーに引越し、XREAは放置しております。

なぜそんなことが起きるのかというと、同社のサーバーには他のサーバーには無い機能があり、これが大変便利なのです。
私はある独自ドメインをサブドメインにし、様々なサーバ(正確には独自ドメインを使える無料のブログなどのサービス)で運用しているのですが、これが可能なのがXREAサーバーなのです。

example.comというドメインを持っているとして、

続きを読む "私がXREA+を解約出来ない理由" »

エックスサーバーで独自ドメインを利用する

エックスサーバーマルチドメイン対応のサーバーです。
独自ドメインによってMTを運営するのは将来の移転やSEOなどメリットが多いので、エックスサーバーへのインストールが完了したら、出来れば(私に言わせると必ずですが)独自ドメインの取得・設定をしましょう。
参照 → 独自ドメインのメリット

はじめに独自ドメインを取得します。
取得会社でオススメは価格が安いリンククラブか、詳細なDNS設定を出来るバリュードメインです

各社の取得可能なトップレベルドメインの種類と、価格表はこちらをご参照下さい。
ドメイン価格比較表

こちらではリンククラブでドメインを取得する場合の設定方法を説明します。

1.独自ドメインの取得

はじめに独自ドメインの取得を参考にドメインを取得してください。

続きを読む "エックスサーバーで独自ドメインを利用する" »

ムーバブルタイプの動作条件

MovableTypeをインストールできるサーバーには条件があります。
無料のホームページスペースや、インターネット接続プロバイダの提供するホームページスペースでは、下記条件を満たさないところが多いので、それらを利用したい場合は確認をしてください。

なお、一般的な有料レンタルサーバーの多くはMTに対応していますが、やはり、契約前にマニュアルやサポートで確認してください。
私がおすすめするサーバーはムーバブルタイプをインストールするサーバーの選び方の記事をご参照ください。

続きを読む "ムーバブルタイプの動作条件" »

XREAで独自ドメイン

XREA+利用者は既にバリュードメインに登録されているので、そのままバリュードメインでドメイン取得してください。
取得手続きはValueDomainでドメイン取得をご参照ください。

ドメインの価格にこだわるなら、リンククラブでも結構ですが、バリュードメインの方が手間は少ないです。
(参考)ドメイン価格比較表

続きを読む "XREAで独自ドメイン" »