Top独自ドメインMT > 独自ドメインの取得

« 独自ドメインでブログを作成する方法(MovableType編) | メイン | MTインストールの流れ »

独自ドメインの取得

独自ドメインとはブログなどのwebサイトのアドレス(URL)を、「http://movabletype.blog-2.com/」のblog-2.com部分を自分で取得することで、ここの部分は世界に一つしかありません。
Googleのgoogle.comや、google.co.jp、Yahooのyahoo.co.jpもそれぞれの会社が独自ドメインを取得したのです。

2007年12月現在で独自ドメインは個人でも.comなど年間1,000円程度の維持管理料で取得できます。
この値段はトップレベルドメイン毎に差があり、また、取得する会社によっても異なります。
最新の価格一覧表はこちら → 独自ドメイン価格一覧表

私がおすすめする独自ドメイン管理会社は下記の2社です。
リンククラブ 価格が安い
ValueDomain(バリュードメイン) 詳細な設定が出来る

実はドメインの取得会社はどこで取ってもあまり違いはありません。
後で説明するサーバーと同系列の会社で取得すると設定が楽な場合もあります。
例えば、XREA+バリュードメインロリポップヘテムルムームードメインリンククラブ(LDPとLPP)などが設定時に親和性がありますが、慣れればたいしたメリットとは思えないので、組み合わせはこだわらなくてもいいと思います。
私が重視するのは、価格、サーバーの性能です。上記各社はそれぞれドメインの持ち込み(系列以外の会社で取得したドメインを利用する)事も可能ですので結局はリンククラブか、バリュードメインをおすすめします。

取得時に気にして欲しいのは次の点です。上記2社など私が勧める会社は全ての条件をクリアし、自分で契約した上でおすすめできるか判定しています。(私は現在6社以上でドメインの管理をしています)

1.ドメインの移管が無料で出来るか
ドメインの価格は会社により結構差が大きいので、毎年更新時に安い会社に移管した方が得です。その際、移管出来ない会社や、移管費用を別途請求される会社は絶対に契約しない方がいいでしょう。

2.ドメインはどこででも使えるか
プロバイダ系などでまれに自社サーバーでないと使えない所があります。逆に、そのサーバーで使うドメインは同社で取得したドメインに限定される会社もあります。もちろんこういうところは高い値段設定になっているので、避けましょう。

3.個人情報は公開しない設定が出来るか
各ドメインの取得者や管理者はWHOISというシステムを通じ、全世界に公開されています。
私も海外の会社から取得したあるドメインだけが、個人情報公開になっているのですが、ここに公開したメールアドレス宛にものすごい量のスパムメールが送られてきます。やはり個人で契約するのであれば、そういったリスクを避けた方がいいでしょう。

また、当ブログはXREA+を利用していますが、XREAでは20個までしか個別のドメイン(あるいはサブドメイン)でサイト運営出来ないので、来年には上位プランのコアサーバーに移転予定です。

[ PR ]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)