Topインストール > SQLITEでMTを運用するときのセキュリティ

« 私がXREA+を解約出来ない理由 | メイン | MTOS(MovableTypeオープンソース・プロジェクト) »

SQLITEでMTを運用するときのセキュリティ

MTをサーバーへインストールし、MTの初期設定も終わったら、最後にセキュリティをかけます。

DataBaseが覗かれる危険がありますので、下記のように「.htaccess」ファイルで保護します。

1.「.htaccess」ファイルの作成
2.アップロード
3.名前の変更

1.「.htaccess」ファイルの作成
テキストファイルを作成するソフト(notepad、ms-word、wordpadなど)を起動します。
Windowsの場合、「スタート」-「アクセサリー」-「メモ帳」
メモ帳(notepad)が起動したら、下記をコピーし、メモ帳に貼り付けます。

<Files ~ "^db*">   
deny from all
</Files>
注意)上記「db」部分は設定したデータベースフォルダの名称を入れます



貼り付けたらメモ帳を「.htaccess.txt」などの名前を付けて保存し終了します。

2.アップロード
FFFTPなどで、作成した「.htaccess.txt」ファイルをサーバーの「mt」フォルダにアップロードします。

3.名前の変更
アップできた「.htaccess.txt」ファイルを右クリックし、「名前変更」をクリックします。

「.htaccess」に書き換えて、「OK」をクリックします。

以上で終了。

[ PR ]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)