Topインストール > ハッスルサーバーにMT4をインストール 1 (契約)

« MTカスタマイズに便利なhtmlエディタ | メイン | ハッスルサーバー 2(サーバーの設定) »

ハッスルサーバーにMT4をインストール 1 (契約)

ハッスルサーバーは、ロリポップさくらインターネットXREA+ほどメジャーではありませんが、オススメサーバー一覧表を見ても解るとおり、価格が安く、機能が高いとてもお買い得なサーバーです。
特に操作感・表示の早さ・32個までのマルチドメイン(1サーバーで複数のドメイン・サブドメインが利用可能)で、非常に使い勝手がいいサーバーです。
また、ロリポップや、XREA+ユーザーはサイト表示が遅かったり、再構築に時間がかかったり、MySQLエラーにストレスを感じている方が多いと思いますので、乗り換え候補としてもオススメできます。
ハッスルは明らかにそれらのサーバーより快適環境になります。(容量は500Mですので、それ以上欲しい方はエックスサーバーをご検討ください)
太いバックボーンでサクサク動くさくらインターネットもオススメしたいところなのですが、さくらライトはMySQLが使えず(SQLiteでMTは利用可)、さくらスタンダードは月額約417円と多少高くなり、ハッスルサーバーはその中間を埋める価格・スペックなのです。そして、ハッスルのバックボーンはさくらインターネットを利用しており、大変太い信頼のおけるものとなっているのです。
(参考)
IPドメインSEARCHで「202.181.98.166」を検索してみてください。

ロリポップと比較するとヘルプやマニュアルなど説明が足りない部分が多いかと思いますが、これは慣れれば問題ない事ですし、快適さを考えれば、私はハッスルを選びます。
当サイトもXREA+からハッスルへ引っ越ししてきました

ハッスルサーバーへMTをインストールする流れ(SQLite編)

なお、データベースをMySQLでインストールしたい場合はこちらの記事をご参照ください。
ハッスルサーバーにMySQLでインストール

1.申し込み

はじめに【ハッスルサーバー】 にアクセスします。



「サブドメインチェック」に希望するサブドメイン名を入力し、ドメイン名を選んで「チェック」をクリックします。
ここで入力したサブドメイン・ドメイン名がURLとなります。
下図の例では、http://hustledazoXX.hustle.co.jp/がサイトのアドレスです。


希望するサブドメインが空いていれば、下のように取得可能ですと表示されるので、「取得する!」をクリックします。


申し込み画面が表示されるので、ログインするときに使うユーザIDと、メールアドレスを入力し、利用規約・禁止事項を確認の上、「利用規約を許諾し、申し込む」をクリックします。


2.パスワード発行・お試し期間開始


すぐにサンキューメールが届くので、登録用アドレスをクリックすると、下記画面が表示されます。



氏名・住所などを入力して、決済方法・契約期間を選択し、「登録」をクリックします。
契約期間は12ヶ月が割引率が高くオススメです。


確認画面が出るので、再度「登録」をクリックします。

設定完了のお知らせのメールが届き、FTPパスワードが発行されます。(私が申し込んだ平日の昼間で、約1時間後にメールが来ました。)
このメールは大切に保管し、印刷するか、特に下記の部分はメモしておきましょう
「ユーザーID」「パスワード」「FTPサーバー名」「FTPユーザ名」「FTPパスワード」
ここまで90分ほどで利用開始できました。
支払は申し込みから10日後までに完了する必要がありますので、問題がないようであれば、早めに支払っておきましょう。
支払方法は下記の2種類から選択できます。
クレジット決済(VISA / Master /JCB / Diners / AmericanExpress)
銀行振込(三井住友銀行)


早速MovableTypeをインストールして使ってみましょう

次のステップ → ハッスルサーバー 2 (ハッスルサーバーの設定)

[ PR ]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)