Topインストール > ロリポップ 2 (ロリポップの設定)

« ロリポップにMT4をインストール 1 (ロリポップの契約) | メイン | MTのダウンロード »

ロリポップ 2 (ロリポップの設定)

ロリポップの申し込みが完了すると、すぐにサーバーを使える状態になります。(10日間の使用期間)
早速ムーバブルタイプを設定してみましょう。
現在はコントロールパネルから【MovableType簡単インストール】を選択できるので、非常に簡単にセットアップできます。

以下はマニュアルでインストールする場合の手順ですが、参考のため残しておきます。

3.MTのダウンロード

最初にMovable Type (ムーバブル・タイプ) をシックスアパート社のサイトからダウンロード(DL)します。
DLの方法はこちらの記事を参照下さい。→MTのダウンロード


4.FTPソフトのインストール

次に、FFFTPのインストールを参照し、FTPソフト(PC-サーバー間のデータ送信をするソフト)を使えるようにしましょう。

FTPソフトの設定が出来たら、ロリポップへの接続設定を行います。
(1)FFFTPの起動
デスクトップのFFFTPのアイコンをダブルクリックするか、「スタート」-「FFFTP」-「FFFTP」をクリックすると起動します。

(2)ホストの登録
「ホスト一覧」ウィンドウの「新規ホスト」をクリックします。
「ホスト一覧」が表示されていない場合は「接続」-「接続」で表示されます。


「ホストの設定」画面が表示されますので、下記の通り入力してください。
ロリポップより送られてきたメールの内容はピンクで表示しています。メールを開きながらコピペすると効率的です。

項目 入力内容
ホストの設定名 ロリポップ(解りやすい名前で結構です)
ホスト名(アドレス) FTPホスト(ftpxx.lolipop.jpなど)
ユーザ名 FTPユーザー(lolipop.jp-xxxなど)
パスワード/パスフレーズ FTPパスワード
ローカルの初期フォルダ デスクトップに保存したMT-4_xx-jaフォルダを指定するか、空白でも結構です。
ホストの初期フォルダ とりあえず空白で結構です。

「拡張」タブをクリックし、「PASVモードを使う」にチェックマークを入れて、「OK」をクリックします。(フォルダ同時移動は選択しなくても結構です)

以上を入力できたら、「OK」をクリックします。

5.MovableTypeをアップロード

続いて、FFFTPで「接続」をクリックしてください。


左側がローカル:パソコン内で、右側がロリポップのサーバー内を表示しています。

まず、左側のローカルの表示フォルダをダウンロードしたデスクトップに移動します。下図のピンク枠で囲んだ部分をクリックします。


「フォルダ変更」ウィンドウの右側にある「..」ボタンをクリックします。


デスクトップを指定して「OK」をクリックします。


左側の画面で「MT-4.xx-ja」をクリックして選択し、「↑」(アップロード)ボタンをクリックします。
サーバーへムーバブルタイプのアップロードが始まります。


この作業は数分~10数分程度かかりますので、コーヒーブレイクです。


MTのアップロードが完了したらフォルダの設定をします。。

6.フォルダ名・属性(パーミッション)の変更

FFFTPの画面に戻り、サーバー側(右画面)の「MT-4.xx-ja」フォルダをダブルクリックし、フォルダ内のファイルを表示します。
ファイル名が「mt」で始まる(=「.cgi」で終わる)ファイルを全て選択します。(Ctrlキーを押しながらクリックしていくか、最初のファイルをクリックして選択した後、Shiftキーを押しながら最後のファイルをクリック)
右クリックし、「属性変更」をクリックします。


下図のように表示されるので、「644」の部分を「755」に変更して、「OK」をクリックします。



サーバー側(画面右側)の下図のボタンをクリックし、一つ上のフォルダに移動します。


「MT-4.xx-ja」フォルダを右クリックし、「名前変更..」をクリックします。


フォルダ名を「mt」に変更します。

7.MovableTypeの設定

メールで送られてきた、ホームページアドレスの後に「/mt/mt.cgi」をつけて、ブラウザでアクセスします。
例)http://xxxxxxx.lolipop.jp/mt/mt.cgi
「MovableTypeへようこそ」と表示されるので、「開始」をクリックします。


システムチェックが完了したら、「次へ」をクリックします。


データベース設定画面で、「SQLiteデータベース」を選択し、データベースのパスに「sqlitedb」と入力して接続テストをクリックします。


問題がない場合は、データベースの設定が完了しましたと表示されるので、「次へ」をクリックします。
メール設定画面が表示されるので、「Sendmail」を選びます。


「sendmailのパス」はデフォルトの「/usr/sbin/sendmail」のままにしておき、「テスト送信するメールアドレス」に自分のメールアドレスを入力します。


以上で構成ファイル(mt-config.cgi)の設定は完了です。「次へ」をクリックしてください。



初期ユーザアカウントの設定をします。

MT用のユーザー名(ログイン時のユーザー名)・表示名(ブログに表示されるハンドルネーム)・メールアドレス・パスワード・パスワード再設定用のフレーズ(パスワードを忘れたときに必要)を入力して、必ず内容をメモし、「次へ」をクリックします。
(これらは後で変更できますので、あまり悩まないでも結構です)


最後に最初のブログの設定を行います。
ブログURLはロリポップのアドレスの後に「blog」等つけてください。
例)「http://xxxx.lolipop.jp/blog/」
  (FFFTPでサーバーのルートディレクトリに「blog」というフォルダを作ってください。)

公開パスは上記と同じく・・・.lolipop.jp/blog/等としてください。
「インストールボタン」を押すとようやくMTのセットアップは完了です。




早速サインインしてみましょう。




8.データベースセキュリティの設定

MTをサーバーへインストールし、MTの初期設定も終わったら、最後にセキュリティをかけます。
SQLITEの場合、DataBaseが覗かれる危険がありますので、下記のように「.htaccess」ファイルで保護します。

1.「.htaccess」ファイルの作成
2.アップロード
3.名前の変更

1.「.htaccess」ファイルの作成
テキストファイルを作成するソフト(notepad、ms-word、wordpadなど)を起動します。
Windowsの場合、「スタート」-「アクセサリー」-「メモ帳」
メモ帳(notepad)が起動したら、下記をコピーし、メモ帳に貼り付けます。
<Files ~ "^sqlitedb*">
deny from all
</Files>



貼り付けたらメモ帳を「.htaccess.txt」などの名前を付けて保存し終了します。

2.アップロード
FFFTPなどで、作成した「.htaccess.txt」ファイルをサーバーの「mt」フォルダにアップロードします。

3.名前の変更
アップできた「.htaccess.txt」ファイルを右クリックし、「名前変更」をクリックします。

「.htaccess」に書き換えて、「OK」をクリックします。

以上で終了。


ロリポップで独自ドメインのMTを運用する
これでようやくムーバブルタイプが使えるようになりました。
長いMTインストールの道のりをクリアされ、すばらしいサイト構築の始まりです。


[ PR ]

コメント (13)

アイカ:

はじめまして。
質問させていただきます。
ロリポップでMTを入れようと思っているのですが、
その場合「mt」や「blog」等のフォルダをつくり、解凍したものをUPしなければならないのでしょうか?
可能でしたら、トップからMTのページにしてしまい大尉と思っております。
よろしくお願いいたします。

管理者 G:

アイカ 様 はじめまして
もちろんドメインのトップページとして設定可能です。
解凍後、アップする場所は実はどこでも構いません。
管理画面で、設定-公開においてブログのアドレス(サイトURLとサイトパス)を設定できますので、それをトップにすればOKです。

アイカ:

ご回答いただきまして有難うございます。
早速設定の変更をしたところ無事トップで表示されました!
勉強になりました。

管理者 G:

非常に簡単な説明をしたのですが、解決できたとのことで何よりです。

takano:

こんにちは、MTインストール方法を参考にさせてもらってます

takanoと言います

すみません、どうしても上手く行かない部分があったので質問させてもらいます

ロリポップ 2 (ロリポップの設定)で、

左側がローカル:パソコン内で、右側がロリポップのサーバー内を表示しています。という箇所がありますが、私が設定したらwelcome.htmlが表示されません。そのせいかどうかわかりませんけどURLもrpリポップの画面で ※指定されたページ(URL)は見つかりません。と表示されてしまいます

何か間違っているのでしょうか?
すみません、よろしくお願いします

管理者 G:

takano 様 はじめまして
正直コメントの内容からだけでは完全に原因の判明が出来ません。
FTP等ロリポップ契約後すぐの場合不安定な場合もございます。
特に独自ドメインでご利用の場合、DNS設定が反映(通常2~3日)されるまではサイト表示において不安定となる場合があります。
時間が経っても同様にサイト表示に不具合がある場合はロリポップへお問い合わせください。

mayu:

はじめまして
とても分かり易く使わせていただきております。
教えてください。

7.MovableTypeの設定
データベース設定のところで上手くいきません。
下記のメッセージがでてきます。

『データベースに接続できませんでした。設定を見直してもう一度接続してください。』

データベースの種類を変えてみたり、
フォルダ名・属性(パーミッション)の変更を再度
見直しましたが上手く接続できません。

MT-4.261-jaをアップロードしています。
バージョンが問題でしょうか?

すみません。教えてください。

管理者 G:

mayu 様 はじめまして
DBの接続エラーですか。コメント頂いた内容だけでは原因の特定は難しいのですが、よくある原因として回答させて頂きます。
お使いのDBはSQLiteでしょうか?それともMySQLでしょうか。
SQLiteの場合、事前にDBフォルダの作成をしないと駄目な場合があります。「mt」ファルダの下か、「mt-static」の下にFFFTP等で「db」フォルダを作成し、DB設定の際にそのフォルダを指定してみてください。
MySQLの場合、データベースネームやパスワードの入力ミスが多いと思います。

mayu:

早速ありがとうございました。

DBについてはよく分かりませんがロリポップなので
SQLiteなのかと思います。

「db」フォルダを作成したところ
無事、接続できました。

その後の作業も終了しまして
公開URLで確認できました。

大変助かりました。ありがとうございました。


管理者 G:

mayu 様 解決できたようで何よりです。
ロリポの場合、MySQL利用も出来ますが、スピードが遅めなのでストレスになると思います。
ただ、将来記事数が数百に上るとか、コメントが連日沢山来るような人気サイトになるなら、MySQLの方が向いています。となると、サーバー移転した方がいいかもしれませんが、その辺りをご理解の上DB・サーバーを選択ください。

mayu:

サーバー、データベースのこと勉強になりました。
これからMT内をいろいろいじってみるつもりです。
ありがとうございました!!

next:

はじめまして。参考にさせて頂いてます。
ただどうしてもうまくいかない所がありましたので、ご質問させて頂きます。

6.フォルダ名・属性(パーミッション)の変更までは終わったのですが、7.MovableTypeの設定の所で、インストールウィザードにはならずに、サインインのページになってしまいます。まだ何も設定していないのに、どうしてでしょうか?

管理者 G:

next 様 はじめまして
現在のインストールウィザードではセットアップ時もログイン画面が出るようです。そのまま、ログインをクリックするとウィザードが起動するはずです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)