Top > > Movable Type 5が発表されました

« Movable Type 4.2が発表に | メイン | Movable Type 5.0 ベータ1が公開されました »

Movable Type 5が発表されました

2009/07/08にMovable Type のメジャーバージョンアップであるMovable Type 5 が発表されました。
2009年8月上旬にベータ版を公開し、10月に正式な製品出荷を予定なので、もちろんまだ試してはいないのですが、期待しています。
今回のバージョンアップにより、ウェブサイト全体のコンテンツやデザイン、ユーザー管理を目的にあわせて柔軟にカスタマイズできるようになり、さらに更新しやすく、効果の高いウェブサイト構築・運営・管理が可能となります
とのこと。

主な機能強化点(MT5のサイトより抜粋)

Movable Type 5は、ブログの使いやすさ、効率のよさを、ウェブサイト全体に広げます。目的にあわせたウェブサイトをスピーディに作成し、独自のデザイン、コンテンツをテーマとして保存、配布できます。個人のブログから多数のメンバーで運営するソーシャル・メディアまで、大きく成長するウェブサイト運営を実現します。 Movable Type 5では、以下の機能が強化されています。
管理画面のデザイン刷新によるユーザビリティ向上
Movable Typeの利用シーンが広がってきたことを受け、より扱いやすく、柔軟な管理画面を、というご要望にお応えし、管理画面のデザインを刷新しました。ログイン後にユーザーが『何ができるのか』を分かりやすく表示する直感的ナビゲーションや使いやすい画面レイアウト、検索インターフェースなど、日々の更新作業を楽しく、効率的に行える新デザインにより、ユーザビリティが向上しました。
複数ブログの運営、ポータルサイトの制作を効率化するウェブサイト管理機能
文章を頻繁に更新するブログ、写真を美しくレイアウトしたいフォトブログ、複数のメンバーで情報を書き込む掲示板や、コミュニティ・ブログなど、複数のブログを組み合わせて、様々な目的や規模のウェブサイトに発展させられるのが、Movable Typeの大きな特長です。単なる複数ブログの管理ではなく、ウェブサイトの構造を正しく設計することで、ウェブサイトをさらに大きく成長させることができます。
カスタムフィールド(入力項目の拡張)を強化
ブログ記事やウェブページの投稿画面に、独自の入力項目を追加できるカスタムフィールド機能を強化しました。ウェブサイトのコンテンツ、独自の入力項目、デザインを連携させることで、プログラミングなしで独自のコンテンツ管理システムにカスタマイズできます。
テーマ機能
デザイン・テンプレート、カスタムフィールド、カテゴリなどのウェブサイトの情報をまとめて保存、管理できるテーマ機能を提供します。コンテンツとデザインの連携によって、目的にあわせたテーマを選択・作成・配布することができ、ウェブサイト構築の多様なニーズに、すばやく対応します。
履歴管理機能
ブログ記事、ウェブページ、テンプレートの編集履歴を管理・保存し、過去のバージョンに復帰できる機能を提供します。履歴管理機能によって、複数のメンバーでのウェブサイト運営も、安心して行うことができます。

[ PR ]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)