Top再構築 > 再構築時間短縮のための方法・小技

« MTOS(MovableTypeオープンソース・プロジェクト) | メイン | MTOSのインストール »

再構築時間短縮のための方法・小技

記事数が50を越える頃から、MovableTypeの再構築時間が気になってくる方が多いと思います。
サーバーの種類や使っているデータベースの種類、サーバー負荷の状況、記事の内容、カテゴリ数、日付の散らばり具合などにも影響を受けるのですが、このくらいの記事数ではロリポップなどでは数分かかるようになってきます。
私の経験では、ロリポップからXサーバーに移行で半分以下に短縮されましたが、それでもやはり記事数が更に増えていくことを考えるといつかは再構築の時間に耐えられなくなりそう。 対策として、
  1. サーバー移転
  2. データベースを変更
  3. ダイナミックパブリッシングの利用
  4. 自動再構築プラグインの利用
  5. 再構築高速化プラグインの利用
  6. インデックステンプレートの再構築オプションをはずす
  7. 不要なMTタグを整理
  8. ログデータの削除
  9. データベースのバキューム(整理)
  10. EntriesPerRebuildの設定
などを試してみてください。
最も劇的に変わるのが、ダイナミックパブリッシングの利用ですが、デメリットもあります。
費用はかかりますが、再構築時間が気になってきたら、早いサーバーへ移転することも視野に入れましょう。
詳細はそれぞれおって記載していきます。

[ PR ]

コメント (2)

?:

他に
WordPressに移行
という手があるのでは?

管理者:

そうですね。
WordPressなど再構築のないブログはこのようなストレスはありませんね。
このサイトはMovableTypeの設定に関するものなので、MovableTypeを使うことを前提として何とか工夫できないか記載しましたのでご理解ください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)